yurikago_kara_hakaba_made

毒にも薬にもなりません

2014年のCDたち その2

これ年内に終わる気がしないんですけど。

 

続きから。

 

グンザリの5枚目ミニアルバム。自分で言っといてなんですがグンザリって略称ダサすぎる。内容のほうは安定のグンザリですね。曲も詩も。おすすめです。今どきの自称サブカル女子にはやりそうな感じ。しかしこのバンドをTSUTAYAに借りに行くたびに思うんだけど、宣伝文句が異常にダサい。なんだよ「心洗われる」とか「泣ける」とかって。借りる気なくすわ。あとギターはTwitterやめろ。

おすすめ曲:2, 5

 

  • Gotch - Can't be Forever Young ★☆☆

ASIAN KUNG-FU GENERATIONのフロントマン、Gotchのソロデビューアルバム。内容はやはりというかなんというか社会風刺的な側面を多分に含みます。左翼おじさんだから仕方ない。タイトル曲はアーティストへの批判。まあそういうことはアジカンではできないだろうからそうなるだろうとはだれもが思っていたことだろうと思われる。楽曲はアコースティック色が強くアジカンとは一線を画している。

おすすめ曲:1, 4, 6

 

  • the HIATUS - Keeper Of The Flame ★☆

前作から方向性ががらりと変わったthe HIATUSの4thアルバム。エルレ時代の産物感もあった1stからどんどん進化しているようだ。今作は前作の路線を引き継ぎ、メロディアスかつポップである。ピアノが美しい。

おすすめ曲:4, 5, 7

 

indigo la End4枚目のミニアルバム。フロントマン川谷絵音はゲス乙女のほうに比重を置いている気がして非常に残念である。僕は言うまでもなくゲスよりインディゴであるもので。あと川谷絵音は味噌汁に何か特別な思いでもあるのだろうか。歌詞の中によく出てくる。

おすすめ曲:1, 2, 5

 

  • KEYTALK - OVERTONE ★☆☆

KEYTALK2枚目のフルアルバム。しかし売れてますね。今邦ロック界隈でもかなりの成長株ではないだろうか。自称サブカル系からの強い支持を受け、[Alexandros]・ゲス乙女などと共に今最も成功しているバンドではないだろうか。それゆえか僕はあまり印象が良くない。だいたいお祭りセンセーションってなんだよ。ハッピーハッピーかよ。おまけに新曲聴いて唖然とした。MONSTER DANCEという曲なのですが。暇ならPV見てみてください。


KEYTALK/「MONSTER DANCE」MUSIC VIDEO - YouTube

なんだよこのダンス。わけわかんねえ。義勝とかcabsの頃は好きだったのにな。まあ曲自体の完成度は悪くないです。

おすすめ曲:1, 2, 7, 10

 

  • Lyu:Lyu - GLORIA QUALIA 

来ましたよ皆さん。Lyu:Lyuの新譜です。リードトラック・メシアを始めとしたキラーチューンばかりの7曲収録。文句なしの満点評価です。力強いボーカルと高音が最高である。Syrup16gフォロワーのバンドなんでまあ私が気にいるのは当然という話でもあるが。何しろフロントマン・コヤマヒデカズのTumblrIDはnanou_16gである。

おすすめ曲:1, 3, 4

 

  • Mogwai - Rave Tapes ★☆☆☆

Mogwaiの新譜。ごめんなさい全然聴いてないです。この辺流してると寝てしまうのだ。安眠用としては優秀。ポストロックやアンビエントはBGMとして使うことが多いため非常にレビューに困る。

おすすめ曲:特になし(一枚通して聴いてください)

 

THE NOVEMBERSの新譜。Web予約では花の種を添えてのCD発売ということで、ノベンバは本当に新しいことをよくする。今はやりのシェアCDもノベンバが最初にやったのではなかったか。このアルバムは今までのノベンバの集大成といったような出来のアルバム。轟音から始まり静と動がうまく調和した名作である。こばうさはパパになったことだしこれからも頑張ってほしい。

おすすめ曲:2, 4, 6, 9, 10

 

People In The Boxの新譜、シングル「聖者たち」と同時発売。聖者たちは東京喰種の主題歌にもなりにわかに注目を集めている残響発バンド。ちなみに聖者たちはこちらのアルバムには収録されていない。今作は割とおとなしめな印象を受けたが、美しい曲が非常に多い。#1・翻訳機がリードトラックなのだが、非常に美しい曲でPVも毎度のごとく素敵である。

おすすめ曲:1, 2, 6, 8

 

  • Phonon - 拝啓 この唄を書いたあなたへ ★☆

名古屋発のインディーズバンド・Phononのアルバム。下北沢のビレバンでかかっていたのを聞き一発で惚れて即CD購入と相成った。今風の邦楽ロックなので、そういうのが好きな人はぜひ。今年初のRO69JACKに参加も惜しくも予選落ち、非常に残念である。しかしこれからに期待したいバンドである。

おすすめ曲:1, 3, 6, 7

 

今回は以上です。