yurikago_kara_hakaba_made

毒にも薬にもなりません

2014年のCDたち その3

特に前置きもいりませんよね。

 

始めます。

 

plentyの3枚目のオリジナル・ミニアルバム。今作からドラムに我らがthe cabsのドラマーだった中村一太が加入、爆撃機と呼ばれていたキャブスの頃ほど派手なドラミングこそないがしっかりとボトムを支えている。#6・イキルサイノウはバクホンのタイトルを意識しているのだろうか?

おすすめ曲:1, 3, 7

 

  • sukekiyo - IMMORTALIS ★☆

DIR EN GREYのボーカル、京のソロプロジェクト・sukekiyoのデビューアルバム。V系のバンドたちからメンバーを引き連れ結成された。妖精帝國神聖かまってちゃんなどとも対バンを行った異色のバンドである。DIR EN GREYと違う点は、あまり重くないという点だろうか。京ちゃんはデス声等を使っているが、ギターに重低音が少ない印象がある。DIR初心者に勧めるといいかもしれない。

おすすめ曲:5, 7, 9, 12, 14, 16

 

  • Syrup16g - Hurt ★+α

6年前に解散したSyrup16gが新譜を引っ提げ帰ってきた!そんなアルバムである。6年の時を経てもSyrup16gは健在であった。フロントマン・五十嵐隆の類まれなるソングライティング能力は今作も遺憾なく発揮されている。しかも6年の間に数々のサポート等をこなしているベーシスト・キタダマキやドラマー・中畑大樹はもちろん、五十嵐氏もギタースキルが相当向上したように感じられる。そんな今のシロップが詰まった最高のアルバム、聴かない手はない。

おすすめ曲:全部

 

TK from 凛として時雨の初のEP。表題曲・contrastを含む5曲を収録。凛として時雨とは異なる裏声をメインとしたTKの歌い方など、TK from 凛として時雨は時雨よりポップで耳触りのよい音楽である。ちなみに僕は時雨のほうが好き。そんな僕にとってこのEP一番の目玉は#4・illusion is mineである。もともとは時雨の曲をソロでセルフカバーしたのだ。原曲も非常に良いがこのカバーも最高である。

おすすめ曲:1, 4

 

  • urema - 光の棺 

神戸発3ピースバンド・uremaの2枚目の一般流通ミニアルバム。6joma-Projectにも取り上げられているいま注目のバンドである。(ただしキャリアの割には寡作である) plentyなどを彷彿とさせる高音に、退廃的な歌詞、ドロップチューニングと五弦ベースによって奏でられる重厚感のある独特のメロディー等を持ったバンドである。ちなみにこのアルバムの6曲目のタイトルは「神戸市立海老公園」なのだがそのような公園はいくら調べても出てこなかったので実在しませんよね?神戸市民の皆さん教えてください。

おすすめ曲:1, 2, 3, 5

 

  • クリープハイプ - 一つになれないなら、せめて二つだけでいよう ★☆

出たよクリープハイプ。そんなクリープハイプの4枚目のアルバム。勝手にベストを出されて事務所を移動してから初のフルアルバムである。内容なのだが、相変わらずのクリープハイプ節全開である。まずタイトルからして「エロ」「百八円の恋」「社会の窓と同じ構成」など。特に最後なんて自らの別の曲と構成が同じだということをタイトルでアピールしてどうするのだといったところだが…。歌詞も今まで通りのクリープハイプである。いけ好かない。それでも僕は尾崎世界観の声が好きなのだ。クリープハイプ好きは是非、というか多分もう買ってますよね。

おすすめ曲:2, 5, 6, 12

 

出ました、急成長株。LINEアカウントまで作ったという恐ろしい売れっ子、女子ウケのメチャクチャよいゲスの極み乙女。である。読点までバンド名なので最後の読点付けないと熱烈な女性ファンに怒られるとかなんとか。こわい。相変わらずスキルは高い水準でまとまっていて、スタイリッシュな音楽をやっている。なるほど売れるのも頷ける。まあ売れたのはゴリ押しのせいもあるだろうが。特に聴くべきはピアノとベース。特にベースは非常にかっこよくボトムを支え、曲を曲としてごちゃごちゃにならないように成り立たせている。ちなみに11月頃に1枚目のフルアルバムを出しているが、未聴である。

おすすめ曲:1, 4, 6

 

ストレイテナーの8枚目のフルアルバム。初聴時の感想は「なるほどそうきたか」というもの。ストレイテナーは最近持ち前のポップさを失い、パンクロックに近づいているように感じる。それがバンドの進化といえばそうなのかも知れないが、ホリエアツシの声は美メロを歌っているほうが映えるのだ。美メロ曲も捨てずにやっていってほしいなと思う。もう一度Six Day Wonderのようなキラーチューンが聴きたい。

おすすめ曲:2, 3, 11

 

  • それでも世界が続くなら - もう君はいい人じゃなくていい 

それでも世界が続くならのメジャーデビュー後2枚目、総合4枚目のフルアルバム。音楽で世界は救えないけれど音楽はそこにあるだけで素晴らしいと語る彼らの音楽はどこまでも優しい。フロントマン篠塚将行が制作に携わった収録曲、奇跡のMVは本当に涙なしでは見られない。非収録曲、シーソーと消えない歌の続きとなっているのでそちらも是非見ていただきたい。


それでも世界が続くなら 『シーソーと消えない歌』 PV - YouTube


それでも世界が続くなら「奇跡」 - YouTube

本当に激情をぶつけながら歌う篠塚将行、ライブではもっと感情をぶちまけて歌っている。ぜひライブにも足を運んでいただきたいバンドだ。

おすすめ曲:3, 6, 8, 9, 10, 11, 12, 13

 

  • それでも世界が続くなら - 明日は君に会いに行くから 

続いてもそれせかである。歌詞は実体験等を基に作られているといい、不安定な人間の心をいい意味で揺さぶりつつも包み込む。しかしこのバンドは実に多作である。この2014年で1枚のアルバム、1枚のミニアルバム、1枚のシングルを発表。ストックもないらしいということで、かなり多作だということが伺える。このアルバムも先ほど紹介したアルバム同様、パンクロック等を起源とした音楽である。しかし普通のパンクではない。メンバー曰く、「パンクは誰よりも優しくなければいけない」ということで、誰よりも優しいパンクである。

おすすめ曲:1, 3, 5, 6

 

以上十枚を紹介しました。続きはまた書きます