読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yurikago_kara_hakaba_made

毒にも薬にもなりません

夏の送電塔

垢消ししちゃった。










はい。気が向いたら復活させます。

飲み会というものが僕は大嫌いだ。まだ気心知れた友人らと飲むなら良いが、会社やらサークルやらで飲みに行くのは最悪だとしか言いようがない。クソ高い金出して先輩後輩の縛りにがんじがらめにされて酔っ払いと付き合わないといけないのはどう考えても割に合わない。

僕の参加したことのある飲み会の話をします。

飲み会には基本参加しろと言われているため(この時点でクソ)ぼくは1次会2次会ともに参加した。費用は5000円。バイトをしていない大学生にはかなり大きい出費だ。税を考えなければツタヤで20枚借りられる。
そして元を取らねばと思い参加したものの、待っていたのは使用人としての扱いだった。廊下に立って会場を見渡し、空いたピッチャーがあれば店員に持っていって交換してもらい、それを自分で持っていく。料理ができれば店員から受け取り、各机に配っていく。僕はこんなことをやりに高い金を払ってきたのだろうか?泣きたくなる。結局二時間ずっと手伝いだけで一次会は終わる。この時点でもう帰りたくなっている。
少しの時間をおいて二次会は始まった。今度は手伝いをさせられることはなかったが、割り振られた席で僕はひとりぼっちだった。自分から話しかけられないなら孤立するのは当然だ。結局二時間ほどひとりで携帯を見ながら過ごす。周りからバカみたいに騒ぐひとたちの声がする。イッキを煽る声がする。アルハラかよ。死にたくなる。耐え忍べば終了の時間が来るが、なかなか人がはけない。酔っ払い相手なので色々と大変なのだ。外で潰れるまで飲むなよ。家でやれ家で。なんとか人がはけて(たいてい少なくとも一人は前後不覚になっている)二次会は終わる。長くつらい四時間半が終わる。

もう一度言いますけど、参加費5000円払ってますからねこれ。金もらってもいいレベルだと思っている。
価値観の違いやらなんやらでぼくらは息をするのも苦しいような時間を過ごすのだ。ひたすら飲んでる人たちとは違うのである。

後半になればなるほど怒りが増してきて文証が荒くなってるの笑うなこれ

そんな僕は今日も飲み会です 今日で最後にしたい