読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yurikago_kara_hakaba_made

毒にも薬にもなりません

2015年ベストアルバム 10枚

2015年ももう終わりに近づいてきております。あと数日で年が明けてしまいますね。嘘だろ。辛くなるやん。ふざけるな。

そんな今年も様々な音楽がありました。その中から個人的に良かった作品を10作品選んで紹介します。アルバムと言いつつシングルも入ってます。よろしくお願いします。

 

・Halo at 四畳半 - APOGEE

千葉県佐倉市出身バンド・Halo at 四畳半。あのバンプと同じ出身地らしい。実際にバンプに影響を受けたらしい。言われてみればなんとなくそんな感じがする。キラキラしたサウンドに澄んだ声、ポップなメロが特徴。バンプより声が若いが、好きな層は被るかも知れない。

 

・mol-74 - 越冬のマーチ

mol-74(モルカルマイナスナナジュウヨン)の初全国流通版。穏やかで美しいサウンドと中性的で高く、澄んだ声が特徴。今どきのバンドっぽい。全体的にふわふわとした雰囲気が漂っているので、苦手な人は苦手かもしれない。王道ロックこそが正義!みたいな人には合わないと思われる。

 

THE NOVEMBERS - Elegance

ノベンバの新譜。前作同様轟音シューゲイザー路線で、こばうさは裏声を多用している。この裏声が非常に美しく、轟音との綺麗な対比を生み出している。

 

・österreich - 無能

残響バンド、the cabsのギタリストだった高橋國光氏によるソロプロジェクトのシングル。ボーカルにハイスイノナサの鎌野愛女史を招き、アニメ「東京喰種」のために書き下ろされた表題曲でもキャブス時代を彷彿とさせるテンポが速く一筋縄ではいかない楽曲となっている。B面の2曲も地味だが素晴らしい。

 

・Poet-type.M - A Place, Dark & Dark -性器をなくしたアンドロイド-

BURGER NUDS, Good Dog Happy Menの門田陽匡氏によるソロプロジェクト・Poet-type.Mの新譜。春盤・夏盤・秋盤とあって、これは秋盤。冬盤は来年発売らしい。タイトルで敬遠されるかもしれないが、現在の門田の良さが非常に良く凝縮されたアルバムとなっている。Tr.6・性器をなくしたアンドロイドは特に素晴らしい(歌詞もね)。

 

・カラスは真っ白 - HIMITSU

北海道発ファンクバンド・カラスは真っ白のアルバム。派手なベースとリードギターが印象的。表題曲・HIMITSUスパークは曲だけでなくPVのアニメも素晴らしい。さらに新しく新譜「ヒアリズム」が発売されているが、個人的にはこっちのほうが好き。

 

・それでも世界が続くなら - 僕は透明になりたかった

それでも世界が続くならの2015年一枚目のフルアルバム。思考停止・分裂・どうでもいいなどといったタイトルからわかるようにリアリティを持ったこの世のどん底のような歌詞は研ぎ澄まされ、重たいサウンドを身に着けて刃となってリスナーに突き刺さる。この路線はさらなる新譜「最低の明日はきっと死なない」でさらに極められるが、こちらのアルバムのほうが完成度は高いと感じる。

 

バズマザーズ - 怒鳴りたい日本語

かつてはハヌマーンというバンドのフロントマンだった山田亮一氏の新バンド・バズマザーズの新譜。のっけから強烈すぎるタイトル曲で始まり、半端じゃない疾走感とキレのあるサウンドにに魅了される。歌詞の良さももちろん健在。

 

・ハルカトミユキ - 世界

ガールズユニット・ハルカトミユキの2015年一枚目のミニアルバム。前までのミニアルバムと違って、タイトルが五七調でなくなったのが少し残念だが、曲のクオリティはもちろん健在。ポップなメロディーと綺麗なコーラスが素晴らしい。歌詞の毒も相変わらず。気が付いたら新譜が出てたのですが、未聴です。欲しい。

 

・死んだ僕の彼女 - hades (the nine stages of change at the deceased remains)

男女混合シューゲイザーバンド・死んだ僕の彼女の初となるフルアルバム。死んだ僕の彼女というバンド名のように歌詞も暗めだが、ポップで明るい轟音とのミスマッチも良い。また、轟音だけでなく、キーボードが色を添えている。

 

凛として時雨 - es or s

アニメタイアップなどで今や人気バンドとなった凛として時雨のミニアルバム。メジャーデビューしてからいまいちピリッとしなかった時雨だが、Tr.1・SOSOSを聴いた瞬間、これが時雨だ!という懐かしさが戻ってきた。攻撃的なギター、派手なベースに荒々しいドラム、交錯するツインボーカル、昔の時雨が戻ってきたようで嬉しかった。様々なアニメから時雨を知った人にも「これが時雨だ」と言える出来だと思う。

 

以上、10枚となります。お疲れ様でした。皆さま良いお年を。